登山を始めよう…⁉︎

登山に関する知識・体験記・山道具の紹介・日本百名山の画像集です!



【日本百名山】笠ヶ岳(かさがたけ)

笠ヶ岳(かさがたけ)とは…⁉︎

笠ヶ岳(かさがたけ)は、岐阜県にある標高2,897mの日本百名山です。周辺は「飛騨山脈南部」の領域にあたりますが、北アルプスの一部とされています。県境がかからない山としては岐阜県の最高峰であり、縦走路からはずれた位置にある笠ヶ岳は、はるか遠くから望むことができ、菅笠(すげがさ)を空に掲げたようななだらかな姿は、槍ヶ岳穂高岳と比較すると対照的な山容に思えます。古来から信仰の対象となり、槍ヶ岳開山の祖といわれる播隆上人も、笠ヶ岳から槍ヶ岳を望み、心うたれ開山を決意したと伝えられています…

 

山頂…

山頂は岩が散乱し、背の高いケルンが林立しています。山頂からの展望は、孤高の槍ヶ岳を望み、槍・穂高連峰を眺める絶好のポイントとして知られています…

 

山名の由来…

山名は、山容が笠の形に似ていることに由来しています…

 

私自身、学生時代に登頂したことがあるのですが、なだらかな山容とは異なり、急勾配が続き苦戦した記憶を懐かしく思います…

 

f:id:nue0801:20180506004356j:image

f:id:nue0801:20180506004407j:image

f:id:nue0801:20180506004415j:image

f:id:nue0801:20180506103826j:image

 

<推薦図書>

今までの学説を根本から覆し、驚くべき北アルプス誕生の謎が明らかになる。「地質探偵」原山教授を案内役として、北アルプスに秘められた数々の名峰誕生の謎に踏み込み、従来の学説をくつがえす最新の地質学を解き明かす。そして探偵ものにはつきもののワトソン役は、長年の友人であるライターの山本明氏が担当し、話が展開する。内容は「地質探偵事件簿」の体裁をとり、槍・穂高連峰の「巨大カルデラ伝説を追う」北アルプス地質迷宮紀行」名山たちの出生の秘密の3部で構成しています。読みものとしても興味深く地質の謎を説いています。 豊富な図版もあり、わかりやすく、また楽しい内容となっています…

書籍名:「槍・穂高」名峰誕生のミステリー 地質探偵ハラヤマ出動 (ヤマケイ文庫)
著者名:原山 智,山本 明