登山を始めよう…⁉︎

登山に関する知識・体験記・山道具の紹介・日本百名山の画像集です!



【日本百名山】黒岳(くろだけ)

黒岳(くろだけ)とは…⁉︎

黒岳(くろだけ)は、富山県にある標高2,986mの日本百名山です。地図の表記は、「水晶岳(黒岳)」の方が多いようで、私自身も水晶岳の方が馴染みがあります。周辺から水晶の結晶が見つかることから水晶岳と呼ばれるようで、一般的には水晶岳のほうが、通りが良いと思われます。 周辺は「裏銀座」の領域にあたり、北アルプス中心部、裏銀座コースから西にチョットはずれた位置に黒岳はあり、日本百名山で一番アプローチが困難とも言われています…

 

登山コース…

登山コースは、裏銀座コースを縦走し、途中で分岐して登るのが一般的です。いずれにしろ、2泊3日以上の山行と体力が必要です。また、近くには、水晶小屋がありますが、北アルプスで最小の小屋とも言われています。このアプローチの困難さがかえって水晶岳に静寂をもたらし、人気があっても、高山植物が豊富で花と展望を満喫できます…

 

山頂…

山頂は南峰、北峰の二つに分かれていますが、南峰を山頂とするのが一般です。山頂からは、山、山、山の展望で、日本百名山深田久弥は、「大ていの山は、その頂上から俯瞰すると、平野か、耕地か、煙の立つ谷か、何か人気臭いものを見出すが、黒岳からの眺めは全くそれを絶っている。四周すべて山である。」と展望を述べています…

 

f:id:nue0801:20180325214428j:image

f:id:nue0801:20180325214433j:image

f:id:nue0801:20180325214442j:image

f:id:nue0801:20180325214446j:image

 

<推薦図書>

登山者なら誰もが憧れる“3000mの峰”を歩くルートガイド。標高ランク国内第1位・富士山(3776m)、第2位・北岳(3193m)、第3位・奥穂高岳(3190m)、同・間ノ岳(3190m)など全国21座の3000m峰に加え、剱岳(2999m)、水晶岳(2978m)など“3000mに迫る、いつかは登りたい高峰”も紹介。『詳細ルートガイド』シリーズではおなじみの、ポイントが描きこまれた詳細な地図、写真上に示したルート線や山名など、登山適期や日の出・日の入時刻、花の時期などもわかる登山カレンダーなどももちろん掲載。山小屋情報や必要な登山装備などのコラムもあります。この夏こそ憧れの峰に立つために、ぜひ手にしていただきたい一冊です…

書籍名:PEAKS特別編集 全国3000m峰 詳細ルートガイド[雑誌] エイムック
著者名:PEAKS 編集部