登山を始めよう…⁉︎

登山に関する知識・体験記・山道具の紹介・日本百名山の画像集です!



さかいやスポーツへ山道具の買い出しに…

山道具の買い出しに…

大学のワンダーフォーゲル部に入部すると、新入生歓迎会で、まず最初に言われたのが「10万円あるか…⁉︎」ということ…。ヤクザとも新手の詐欺とも取れる狡猾さで、さも当たり前かのように言われたが、当時大学入学したばかりの私にとっては10万円という金額は大金だった…

 

今迄の貯金、親からの仕送り、始めたばかりのアルバイト代を掻き集め、ようやく到達する金額をたった1日で使い切ることに、恐れや一種の高揚感があったことを鮮明に覚えている…

 

最初に買った山道具は…⁉︎

ワンダーフォーゲル部の先輩に連れられ向かったのは、水道橋にある「さかいやスポーツ」という山道具屋…。当時は確かウェアと靴の2店舗しかなかったと記憶しているが、今では6店舗も密集してあるらしい…

 

で、先輩に言われるがままに購入したのが、こちら…⬇️

 

  • 登山靴
  • ザック
  • 雨合羽
  • シュラフ
  • マット
  • 山用シャツ
  • 山用靴下
  • ポリタンク
  • 食器
  • ヘッドライト

 

今思えば恐れ知らずだとは思うが、生まれて初めての登山が、鹿島槍ヶ岳から爺ヶ岳へ抜ける山中2泊のプランで、その縦走に向けての装備としては必要十分であり、必要最小限だと思える…

 

皮の重登山靴、さかいやオリジナルのザック、ノースフェイスの雨合羽、#4のシュラフ、固いスポンジ製の銀マット、ウールの山シャツ、厚手の山用靴下、エヴァニューの2Lポリタンク、お揃いの食器、ナショナルのヘッドライト…を基本的には先輩に勧められたモノを鵜呑みにし、買い物カゴがいくつか満タンになっていく…

 

積み上がった金額は、当然だが先輩の言っていた10万円に近づき、今更ながら「やっぱりこんなにするんだ…」と、実は余りかからないかもなんて期待をいとも簡単に吹き飛ばす…

 

登山を始めるのだ…

帰りは便利なモノで、ザックに全てを詰め込み、背負ってみると、更に心臓がドキドキなのかバクバクなのか、明らかに動揺や高揚している自分に気づくのである…

 

このワンダーフォーゲル部の恒例らしく、昼食はこれまた恒例という水道橋駅近くのとんかつ屋に行き、そしてまた先輩が購入後の新入生にご馳走するのも恒例らしく、1,000円を超えるとんかつに感動や感謝に加え、期待や決意が込み上げてくる…。僕は本当に、登山を始めるのだと…

 

f:id:nue0801:20171024231021j:image

 

<推薦図書>

道具通が選んだ現役最強の山道具438アイテムを一挙公開!

●My Favorites
ホーボージュン森山伸也村石太郎シェルパ斉藤 などなど…

●STAY
キャンプ・寝袋・ランタン

●ACT
バックパック・ブーツ・ヘッドライト…

●WEAR

●SUPPORT
などなど…

書籍名:PEAKS特別編集 MOUNTAIN GEAR BOOK (マウンテンギアブック)
著者名:PEAKS編集部