登山を始めよう…⁉︎

登山に関する知識・体験記・山道具の紹介・日本百名山の画像集です!



15年ぶりの登山…

15年ぶりの登山…

40歳を機に一念発起し登山を始めようと奮い立つ…。実はというと、登山は全くの初めてではなく、学生時代には所謂ワンダーフォーゲル部に所属し齧っている…。いや、齧った程度ではなく、勉強そっちのけで学生時代のほとんどを登山に費やしていたと言ってもいい…。月に一度は山に登り、春・夏・冬と長期の休暇には、10泊もの縦走、雪山登山、離島周遊など、山に島に明け暮れていた…

 

登山を辞めた理由…

社会人になると、その頻度は極端に減り、GWと夏季休暇と年末年始に限られてくる…。加えて、一生登山をライフワークにすると豪語していた山仲間である部活の同期も、慣れない社会人生活や新たな人間関係のもとで、貴重な長期休暇を登山以外のことに、徐々に費やしていく…。当然といえば当然で、私自身も激務に疲れ、心情としては「やっと山に行ける!」という気持ちよりも「わざわざ疲れることをしたくない…」という気持ちに変わっていった…

 

結婚・出産が重なる…

加えて、25歳近くになると山仲間も早い連中は、結婚・出産を迎え、ますます登山とは疎遠になっていく…。奥様・御主人が理解ある人であればいいが、山の魅力は登ってみなけりゃ理解し難く、一度行かないとどんどん疎遠になるのも人の性なのであろう、徐々にメンバーは減り、いつしか私自身も山に行かなくなってしまったのだ…

 

結果、15年ぶりの登山再開なのである…

 

f:id:nue0801:20170911124208j:image

 

<推薦図書>

“山スカート"の発案者、四角友里さんが、10年間かけて失敗を重ねながら培ってきたノウハウを丁寧に解説。山歩きデビューから2泊3日の山小屋泊トレッキングまでを応援します!

  Chapter1 憧れの山へ一歩ずつ近づく計画を立てる
  Chapter2 山への敬意をこめたウエアを身につける
  Chapter3 山歩きをサポートしてくれる道具を相棒にする
  Chapter4 疲れず、笑顔で歩く工夫をする
  Chapter5 山小屋に泊まって、新しい世界を見る

書籍名:一歩ずつの山歩き入門
著者名:四角 友里