読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育児と仕事に格闘しながら、住まいや家庭を考える…

育児・子育て、注文住宅、仕事、イラストなど様々な活動を纏めてみました。



「差別化」を他部門のせいにしていませんか…⁉︎

「差別化」は製品・サービスにしかない?

前記事「強み・差別化はどこから始まる? 真似されにくい差別化とは⁉️」の続きである…「差別化」を製品やサービスでしか表せないという先入観はないだろうか? 多くのビジネスマンがそう誤解している…よく考えてもらいたい。

 

  • 買わなきゃ分からない「差別化」にどれほどの価値があるか?
  • マネされてなくなる「差別化」など「差別化」ではないのだ。

 

強みや差別化ポイントは以下のように整理をする…

  1. 製品やサービスそのものの強み・差別化ポイント(提供工程)
  2. 社風・しくみなどの会社としての強み(営業工程)

 意外と知られていないが、強みを発揮するのは顧客に出会う瞬間から始まっている。つまり、組織に「らしさ」が備わっていないと前工程における差別化は発揮出来ない。

 

「らしさ」を備えよ!

  • 話し方
  • 身だしなみ
  • ボキャブラリー
  • 教養
  • 思考
  • ホスピタリティ
  • …etc

 

随所に強みを発揮できるポイントは隠されているのだ。


「らしさ」を備えよ。

 

そうすれば、勝てるだろう…。少なくとも、負けはしないだろう…。製品やサービスにしか「差別化」がないと考える営業は、単に開発部門や企画部門の「せい」にし、自分たちが売れない言い訳としているにすぎないのだ…

 

f:id:nue0801:20170409194617j:image

 

<関連記事>

nue-business.hatenablog.com

 

<掲載ブログ> 

nue-business.hatenablog.com

 

<推薦図書>

一生懸命、売り込めば売り込むほど、売れなくなるのはなぜなのか。理由はたった1つ。顧客は売られたくない、買いたいからです。売り込まず、買ってもらえる仕事を豊富な事例とともに学ぶ1冊。本書は、多くのセールス担当者と仕事をしてきたマーケティングのプロが、MBAの知見・理論を活かして、顧客ネットワークの考え方と使い方、自らの弱みを強みに変える法、優良顧客の捉え方など「営業力」を上げるヒントを教えてくれます。

書籍名:なぜか売れる営業の超思考 
著者名:理央 周