読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鵺の多面的考察(育児・家・仕事)

育児・子育て、注文住宅、仕事、イラストなど様々な活動を纏めてみました。



「若葉台」は、諦めきれない…

先日の辻堂鎌倉訪問を終え、土地の候補地を見直した…(記事「土地探しは一生もの…妥協してはならないのだ‼️」参照)

 

それが、この要件❗️⬇️

 

  • 子育てを考え、都心ではなく自然溢れた郊外であること。
  • 通勤を考え、勤務地(新宿駅)から(通勤時間帯も)1時間圏内であること。
  • 地震津波、土砂崩れなどハザードマップ上問題ない場所であること。
  • それなりに商業施設があり、利便性があること。徒歩圏にスーパーがあること。
  • 広さはそれなりに大きい方がいいに越したことはない…坪数は、30坪以上
  • 息子が独立後に売却することも考え、資産価値が上がるもしくは下がらないこと
  • 予算は、4000万円内(理想は3500万円内)
  • 街並みが綺麗であること。
  • 家周辺が抜けていて、眺望があること。

 

改めて「海」を要件から外し、場所から探すことになる…

 

で、目をつけたのが、ここ❗️⬇️

 

f:id:nue0801:20170405223521j:image

 

場所は、稲城市…記事「やっぱり住むなら海の近くでしょ!」でも触れたが、「主婦が幸せに暮らせる街ランキングTOP50」で藤沢市に次ぐ全国2位なのだ!

nue-childcare.hatenablog.com

 

  • 駅から徒歩12分
  • 土地面積 151.15㎡・45.72坪
  • 土地価格 3,580万円
  • …etc

 

ここなら、要件を満たしている!と思い、早速現地へ…

 

京王線若葉台駅を降り、まず感じたのは、「街が綺麗」だということ…山を切り開き、多摩ニュータウンの一部として再開発がなされただけあって、非常に綺麗な街並みなのだ。そして、商業施設も計画的に誘致されている印象があり、必要なものは全て揃っている感じがする…ありがたいことに大きなゴルフ練習場まである…

f:id:nue0801:20170405223539j:image

f:id:nue0801:20170405223549j:image

 

駅から続く「若葉台公園」も広々としていて気持ちがいい…

f:id:nue0801:20170405223602j:image

 

そして、若葉台一丁目の街並みは、電柱・電線が地中化されているため、空が抜けていて、開放感がある。街としての統一感もあり、道の広さ・家の間隔も広々としている。

f:id:nue0801:20170405223619j:image

 

で、実際現地の土地を見てみると…

  • ちょうど電柱・電線の地中化地域から外れたところに…(T ^ T)
  • 高台になっていて、長細い土地形状が故に、使える土地は狭い…30坪も無いだろうか…⁈
  • そして、見える眺望は…お墓

 

うーん…なんだかな…

 

せめて、お墓がなければなとも思いつつ…現地を後にする…不動産屋曰く、若葉台は分譲が全て終わっており、売主が出ない限り、もう土地は出ないとのこと…そして、出たとしても中古住宅として出る可能性が高いとのこと…若葉台に惹かれてしまったため、なんだか心惜しいが、やはり妥協はしたくなく…とりあえずキープすることに…

 

帰りには、小学校と中学校を見学…

f:id:nue0801:20170405223640j:image

f:id:nue0801:20170405223644j:image

 

新しい街だからだろうか…小学校も中学校もカッコイイ…

 

「やっぱりいいなぁ、若葉台…」

 

私も妻も、帰りの電車で口惜しい気持ちを残し、若葉台を去るのでした…

 

<関連記事>

nue-house.hatenablog.com

 

<掲載ブログ> 

nue-house.hatenablog.com

 

<推薦図書>

全国イシンホーム住宅研究会代表。一級建築士。著書「家を建てるならドラえもんに聞け」(PHP研究所)、「ガン患者に学ぶ健康住宅」(PHP研究所)など多数。最近は「MAXスマハを探せ」(家研出版)、「働くお母さんに贈る家」(家研出版)、「太陽光発電MAX住宅」(家研出版)、「HEIG実例辞典」(家研出版)など、数十万部突破の本が多数ある。全国のプロ建築家、経営者向けの本、及びDVDなど、合わせて1,000本以上作成している。様々なデザイン賞なども受賞している。実用的ですぐ活用できる本は、建築業者から、一般消費者まで人気がある。テレビ、新聞、講演活動も多数行っている。

書籍名:土地を捜す時最初に読む本 
著者名:髙橋 輝