読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鵺の多面的考察(育児・家・仕事)

育児・子育て、仕事、イラスト、小説、家づくりなど様々な活動を纏めてみました!



【ご意見ください】仕事を辞めるのは、私か?妻か?どっち⁉︎

男が育休を取ったら気づけたこと

保育所問題が深刻だ

認可保育園の一次申込みの結果が出てから2週間…

(記事「保育園が理由で、300人も仕事を辞めざるを得ない市なんて、みんな出て行くぞ💢」参照)

 

はてな匿名ダイアリー「保育園落ちた日本死ね!!!」が世間の話題になっているように、我が家でもやはりこの問題は非常に悩みの種であり、話し合うたびに険悪になる…。2月末までに、認証保育園の結果が出る予定であるが、申し込みをした3園中2園は既に脱落…(T ^ T) 

 

そして、最悪仕方が無いと思って申し込んでいた無認可保育園3園もまさかの脱落…

 

残すは、

  • 認証保育園1園の結果待ち…
  • 認可保育園の二次(再調整)の結果待ち…

という状況に…

 

さすがに、さすがに、焦りと怒りを隠せない…

 

f:id:nue0801:20170316204945j:image

 

会社人事は冷たい…

育休中の身である私は、結果が出るたびに、会社人事に共有の連絡を入れているが、今朝の電話では、

 

「戻るか、辞めるか、そろそろハッキリしてください」

 

とのこと…

 

来期の人事配置を決めたいのはわかるが、あまりに冷たい…。

 

戻りたくても、戻れないのだ…

 

「会社辞めるのか、俺…(焦)」

 

と自問する…

 

自分自信も人事部門に所属し、状況は分かっているのだが、いざ自分のこととなると冷静さを欠く…。所属する会社では、常時100名ほどが産休・育休に入っており、毎年数十名が保育所に入れ無いことを理由に、育休から復帰できず、退職する…。会社も問題視し、子が2歳になるまでは、無給であるものの籍を残し、休暇を取ることを認めるように規程を改定したばかりだが、これも付け焼刃であろう…

 

取りうる選択肢は…

もしこのまま保育園に入れなかった時はどうするのだろうか…今共働きの状態で、保育園には入れないということは、どちらかが仕事についていないともう保育園に入れる可能性は皆無と言っていいだろう…。となると、息子が小学校に上がるまでは、どちらかが仕事をせず家庭に入るという判断・決断が必要なのだ…

 

状況としては、

  • 妻は、過去育児鬱になり、再発の恐れがある。(記事「妻の啜り泣き」参照)
  • 妻は、せっかく正社員の仕事に就けたのだが、退職すれば、次の就職活動はより困難になるであろう。
  • 私は、15年超勤めた会社を退職するのは、名残惜しいばかりでなく、経済的にもメリットを損なうことになるのであろう。
  • だが、私が辞めた場合、経歴を考えると妻よりは復職が容易かもしれない。

という状況…

 

要は…

  • 私か妻かのどちらかが、仕事を辞めなければならない。
  • 妻が辞めれば、育児鬱再発と仕事に復帰できない可能性がある。
  • 私が辞めれば、経済的なメリットを失うことになる。

こんな状況にある…

 

皆さんは、同じ状況下にあった時にどの選択を取るだろうか?

ぜひ、体験談・お考えなど、皆さんのご意見を聞かせていただければありがたいです。

※ 更にブックマーク・Twitterなどで拡散いただければ、非常に嬉しく思います。

 

これは仕方がない問題なんだろうか⁉︎

政治家・役所職員は、もちろんわかっているとは思うが、こういう悩みを抱える市民が多数いることを、何度でも、考えてほしい…

  • 私が務める会社だけでも、数十人…
  • 私が住む市区町村だけでも、300人…
  • 東京都では、8,000人…
  • 全国では、25,000人…

同じ悩みを抱え、職を失い、ブランクが空き、仕事に復帰できないかもしれない…

 

  • ハコモノはお金がかかる…
  • 少子化だから、待機児童は一時的な事象だ…
  • 仕事に就けないのは一過性でしかない…

 

政治家や役所職員の言い分はよくわかるし、もう聞き飽きたよ…。でも、本質的にはこの毎年この25,000人を仕事を辞めさせないことが、失業率を引き下げるのではないだろうか?そうすれば、わざわざ「人」と「金」を使って、ハローワークで仕事斡旋することも減るんじゃないだろうか?

 

保育所に入れない一市民の愚痴ではあるが、同様の感情が全国に渦巻いているため、あの「保育園落ちた日本死ね!!!」に多くの人が反響したのではないだろうか…

 

言っても無駄だとわかっているが、言わずにはいれない…💢 

 

<関連記事>

nue-childcare.hatenablog.com

 

<掲載ブログ> 

nue-childcare.hatenablog.com

 

<推薦図書>

共働きのママ・パパのためのサイト「日経DUAL」がお届けする待望の書籍。共働き家族の仕事と育児をサポートするノウハウ決定版。妊娠・出産から職場復帰、保活、小1の壁、子育て、夫婦関係、マネープランなど、現役の共働き夫婦から大反響の実践的アドバイスが凝縮。共働き子育て「あるある」や「困った! 」を漫画イラストでわかりやすく解説。一家に一冊の必需バイブル。妊娠・出産をしたママやパパへのギフトにも最適。

書籍名:共働きファミリーの仕事と子育て両立バイブル (日経DUALの本) 
著者名:日経DUAL