読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鵺の多面的考察(育児・家・仕事)

育児・子育て、注文住宅、仕事、イラストなど様々な活動を纏めてみました。



結果を出すには、I・P・Oが重要だ!

なかなか結果の出せない社員がいる…

何が、不足しているのか?

 

結果を出すには…

I (Input)  →  P (Process)  →  O(Output)

の行程を踏む。

 

Output(結果)を出すには、Process(行動)をする。

Process(行動)をするには、Input(情報収集)が必要だ。

 

結果を出せない社員の多くは、

  1. Input作業をしていない。もしくは、少ない。
  2. Process作業をしていない。もしくは少ない。

のいずれかだ…

 

行動をするための情報量が少なく、的外れな行動を繰り返す…

行動量が少なく、結果を出す機会が少ない…

 

管理職はこの視点で部下を今一度よく観察してみよう。

結果だけを非難しても、結果は出せないままにある…

 

例外的に情報量は多いのに、行動しない社員もいる。

100%を追い求めて、機会を逸するのだ…

 

これも注意しなければならない。

 

業界や社風にもよるところだが、

私の感覚は、60%の成功確率を感覚値でもてたら、GO(行動)だ。

 

100%の成功確率まで情報収集していたら、時間をかけ過ぎ機会を逸する。

現実的には100%などあり得ないのだから…

 

f:id:nue0801:20170312102618j:image

 

<関連記事>

nue-business.hatenablog.com

 

<掲載ブログ> 

nue-business.hatenablog.com

 

<推薦図書>

「失敗したら恥ずかしい」「周囲の目が気になる」「誰かに後押しされないと不安」などの理由で、行動にブレーキをかけてしまっていませんか?しかし「ズバ抜けた結果」を出すためには、「行動の進め方」を変化させることが必要です。著者は、サイバーエージェントで“史上初"の実績を連発後に起業、急成長中のITベンチャーを牽引する「やったります男」として知られる人物。「1年目で10年目のトップ営業マンに勝つ」周囲が笑うような「高い目標」をためらいなく周囲に宣言して実現。その過程で体得し、その後、経営者として磨き続けてきた、驚異的なモチベーションの高さとスピードで行動する方法を初公開。

 

書籍名:「ズバ抜けた結果」を出す人の行動習慣
著者名:坂本 幸蔵