読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鵺の多面的考察(育児・家・仕事)

育児・子育て、注文住宅、仕事、イラストなど様々な活動を纏めてみました。



【感動】息子が、1歳4ヶ月を目前にしてようやく立つ❗️

息子は、もうすぐ1歳と4ヶ月になろうとしている…

が、今だに立たないでいた…(T ^ T) (記事「1歳を過ぎても歩かない…。」参照)

 

児童館で周囲の赤ちゃんを見渡すと、1歳を過ぎる頃から立ち始め、早い子だと8ヶ月くらいから、立っているという強者もいる…

 

会社の同僚や友人に話すと、

 

  • 「うちは1歳3ヶ月かかった」
  • 「うちは、のんびり屋さんで1歳半までかかった」
  • 「気づいたら、いつの間にか立ってたよ…」

 

とも聞くので、あまり心配もしていなかったが、月日が経つに連れ、やはり気になるものである…

 

  • あれこれ心配してもキリがない
  • 他の子と比較しても意味がない

 

と、頭では理解するものの、それでも気になってしまうのが、親心なのだろうか…

 

特に、うちの息子は、カフェオレ斑が多く大きくあるので、それも心配になる要因でもある…調べても正解はないのだが、カフェオレ斑がなにかしらの影響を及ぼしてしまっているなんて、少し考えてしまうのだ…

 

 

それが、昨日ようやく立ったのだ❗️

しかも、その瞬間を目にすることができたのだ❗️

 

 

いつものようにソファーを伝え歩き(伝え歩きは7ヶ月くらいからしていた…)していたのだが、持っていたボールに集中していたのか、ボールを両手で掴みながら、ソファーから手を離した!

 

そして、両手でボールをパンパン拍手のように叩き、十数秒…

 

それからは、今まで何も無かったかのように、普通に立ち出した…^^

 

親バカかもしれないし、人生の中で数十、数百ある成長の一つかもしれないが、その瞬間を目の当たりに出来たのは、本当に嬉しかった…

 

きっと育休を取らず仕事をしていたら、結果報告を受けてただ受け流していただけだったかもしれない…。

 

大したことではないことではあるが、妙にそれが嬉しくて興奮した…。

 

 

すぐに、動画を撮って、仕事中の妻にメールしたが、

妻は、ただ「そう、よかったね…」とのそっけない返信…(ー ー;)

 

「人生損してるよ…」と思いつつも口には出さず、密かに優越感に浸るのでした…

 

f:id:nue0801:20170218222005j:image

 

<関連記事>

nue-childcare.hatenablog.com

 

<掲載ブログ> 

nue-childcare.hatenablog.com

 

<推薦図書>

大好評『育脳Baby-mo』の第2弾。尾木ママはもちろん、佐々木正美先生、汐見稔幸先生、林成之先生ほか、これ以上ない子育てスペシャリストの教えがギュッと詰まっています。0~3才の今、読んでおきたい専門家の知恵が満載。赤ちゃんの可能性を引き出すために、毎日の生活の中でできることは? 親として大切なことは? 脳医学から、心理学から、さまざまな視点からの答えがここに。


◆子どもの可能性を引き出すのは親のサポート力
◆頭のいい子に育つ離乳食☆7つの習慣
◆五感を刺激するワクワク遊び30&おもちゃ22
尾木ママの悩み相談所「100点ママなんて目ざさないでいいのよ! 」
◆夜ふかし、遅起き、スマホ育児で大丈夫?
◆子どもを伸ばすvs.ダメにするしつけ
◆見て、聞いて、ふれて、かいで、感じて! 子どもの言葉は豊かになる
◆想像の世界を大きく広げる絵本ガイド
◆佐々木正美先生「手をかけ、心をかけた分、しあわせな子に育ちます」 など

 

書籍名:育脳Baby-mo 0~3才の可能性を引き出す7つのこと (主婦の友生活シリーズ) 
著者名:主婦の友社